FC2ブログ

Jamaica~Manhattan~NewJersey!

私、生きてる…。(笑)

この一週間疲れた。。。

妹の友達の引越しを手伝ってきたんですが、
…結局完全に終わらないまま、約束の一週間が過ぎて
家に帰ってきました。

NY州jamaicaって、すごい治安が悪い所なんです。

例えば、駐車してある車が、誰かにボコボコにされるとか
フロントガラス割られて、車の中のものを盗まれるとか
買い物中にバッグの中の財布ごと盗まれてクレジットカード
が使えなくなっちゃったとか
これは、本当に妹の友達が住んで6ヶ月以内に起こったことなんだけど。。。

この様々な被害が原因で、NJに引越しすることになるんだけど
やっぱり怖かった…。

そのアパートの右向かえに、ちょっとした食料品店(コンビニみたいな)があったのね。
その時私は、NJの家で留守番してたんだけど、
妹の友達がパッキングしてたら、外で銃声が聞こえて、
そのお店に強盗が入って、目の前にパトカーがいっぱいいたんだって。
次の日は、私が行く番だったから、次の日窓から覗いて見たら、
そんな事があったのに、お店がまた普通に営業してんの…。
それにその日、借りたトラックに物を詰めてたら、変な男が
私達に近づいてきて、『オレに、仕事をくれないか?』
『…オレが手伝ってやろうか?』
『お金が欲しいんだ…』って言ってきて、見るからに怪しい人
で、すぐに『いえ、結構です…。』って、妹の友達が追い払ったの。

でも、途中から隣のアパートの住人の息子で21歳の大学生の黒人
の子が(ごめんなさい、名前がわからない)手伝ってくれたんだけど
すごく優しい性格の子だった。
このジャマイカでこんなに良い人もいるのか…と驚いた!
なんでも、音楽が大好きで、普段夜は、一人で作曲するのが趣味で
音楽スタジオでアルバイトをしていて、両親が離婚していて
父がここに住んでいて、母は、反対側のNJに住んでて
今は夏休みだから、週末だけは父のアパートにいるらしい。

それだったら、もっと話をしておくべきだった!

私は、あまりにも作業に夢中で世間話に取り合っていなかったの。
それは、帰ってから妹の友達に聞いた話。。。

ジャマイカからNJに車で帰る時って、必ず途中で渋滞するわ、
ハイウェイの交通使用料金で往復で20ドルくらいかかってしまって
ガソリン代が20ドルくらいかかるから、常にアパートに行くのに
40ドルかかる。ここは、何でもお金がかかる。
近くのスーパーの果物・野菜の高いこと!
物価が高くて、MA州と全然ちがう。
空気も環境も全然ちがう。

でも、NY州のラジオステーションは、どの局も最高にCOOL!!

R・ケリーの昔流行ったMELLOWな曲がかかれば、ドライブの途中で
マンハッタンの美しすぎる夜景が見える。
昼間走れば、自由の女神がはっきりと見える。

結局、ジャマイカという所は、名前の通り、
ジャマイカ国からの移民が多く、結構NO審査で部屋借りれる
みたいだから、アパートも男3人でルームシェア
して住んでたりして、ジャマイカの友達勝手に連れ込んだり、
どうなってんのかわかんない。言葉もジャマイカ訛りの英語で
何言ってんだかわかんない人がたくさんいるらしい。
そう、私も夜寝てたら、近くの通りで、男の人の罵声が聞こえたり
信号待ちの車のカーステレオから大音量のジャマイカンレゲエ
が聞こえて騒がしかったもんなぁ。

家を移る日の午前に、妹の友達の息子さんの幼稚園の卒園式に
私達も参加させてもらった。

ドレスアップした黒人の女の子も超可愛かったけど、
渡された式次っていうのかな??タイムスケジュール載っている紙?
みたら、SONG、DANCE、SONG、DANCE×3
FASHION SHOW…!?

ド派手なステージパフォーマンスの嵐で、緊張感も静粛なムードも
まるでナシ!!(笑)

でもね、最後に、子供達が自分の両親に花束を渡しに行く場面があって
もうクライマックスで両親が涙を流して感動するの…。
要するに、お涙頂戴シーン。。。

日本なら、園児が幼稚園から受け取る花束が普通かと思われるが、
ここアメリカは、家族愛を非常に重要視している…。

“…いつも、育ててくれてありがとう!”という感謝を表してるのかな?

そして、昨日無事5、6時間かけて、マンハッタンの
ペンステーションからアムトラックでボストンに帰ってきました♪♪

アメリカには、いろんな人やいろんな場所がある。

すごく効率が良くて便利なトコもあれば、
すごく適当で、バカで抜けてるトコがある。

そんな良い面と悪い面を見たよ…。
スポンサーサイト



初 IKEAに行ってきた。

今日は、IKEA(イケア)に行ってきた。
前々から妹が騒いでいて、今やIKEA JAPANも出来、
気付くと、千葉県の船橋と神奈川県の港北に進出している。

IKEAとは、スウェーデン発の大型家具店で、シンプルで機能性の
高い、それでいてリーズナブルで家族連れで行ってもなんか楽しめる
お店なんです♪

ドイツでは、至る所にお店を構えているらしいですが、
ここ、マサチューセッツ州では只1店舗しかなくて、そこに
今日行ってきたわけです。。。

まぁ、お客の国際色豊かなこと!!

私は、気にせず結構早口で日本語かましているから、
他の日本人の家族の視線を痛いほど浴びちゃって…(苦笑)

だけどさ…“あの人、日本人だ!”って気付いても
どう挨拶すればいいのか?こういう時うまく切り出せないのよねー。
それで、妙な視線を交換しあっちゃうのねー。

『(日本人…だよね!?)』『(…あなたも、そうね!?)』

私が、すぐ日本人だとバレる理由に、“茶髪”らしいです!
アメリカにいる日本人女性って、ロングな黒髪をアピールしている
人の多いこと!

話、ズレていきましたが、

IKEAは、食事もイケてるっ!!

いつも、大量に食べ残す私が久々に完食しました!!

ikea01.jpg

ikea02.jpg

Museum of Science に行ってきた。

ひさびさにBostonの街へやってきた。

fumi02.jpg


科学博物館に行った。。。

スタッフに我こそはと質問を浴びせる積極性の子供の集団には
びっくりした!

近所の図書館で、割引券を持っていったから、5ドルしか
かかんなかった。

technologyよ、バンザイ~!!

I got keyboard!

いや~良かった♪♪
中古のおもちゃ的キーボード61keysをネットのクレイグリスト
で手に入れました~!
しかも、金持ちの坊ちゃん(高校生)らしく、とっても良い人で
ダメもとで値切ったら、即効10ドルオフにしてくれた。
40ドルで購入。

もう今度から、こっちに来るときは、ポータブルキーボードを
持参しないといけない事がわかりました。。。

ものすごい音楽ストレス溜まりましたもん!

リズムも入ってるから、部屋でちょっとした弾き語りができます。

今日、取りに行った場所:NEWTONって高級住宅街なんですよね。
周辺の学校も良いみたいです。。。



アメリカ人に見える努力!?

もうすぐ、アメリカに来て一ヶ月がたとうとしている。

アメリカの常識にも慣れてきた。
天気予報は、華氏表示なこと。
スピード制限は、マイルなこと。
ガソリンの補充は、ガロン単位なこと。
車は、前から駐車するのが普通なこと。

妹から、私が“怪しい観光客”だからなんとかして!と言われ…
格好や髪型もアメリカ人っぽく変えてみたりした。

とにかく、文化の違いがあるのは否めない話で。
でも、人類共通の習慣とかもあるわけで。

今回は、妹といつも一緒なので、英語はさっぱり上達しませんね…。
耳は日増しに慣れてきているので、何を言っているのか
聞き取る方が今は得意です…。
ただ、私は元来“おしゃvery!"だから(苦笑)
頭の中に、あれもこれも伝えたい時には、うまく喋れない事で
ストレスを感じる時もあります。
それから、レストランなんかのMENUなんかでも、
英文でその料理を細かく説明してあるんですね、でも
一つ一つの単語の意味は解っても、写真のように
自分の頭に上手くイメージすることが出来ない。
そういう時は想像力が沸かなくてイラっと来る時もありました。
私がもっと、英語が話せたら、店員に質問しながら決められる
んだけどね…。
でも、ここは移民の国だから、英語のレベル・訛りも
千差万別!!細かい違いやレベルがあると思う。
しかも、俗語やフォーマルな場所での話し方なども
あるわけで、とにかく気にしていられない。
焦っていられないっていうのがあります。
プラスうかうかしていると、自分が流されそうなので
日本よりも、YES・NOがはっきりしてきますね。
自分の欲求をダイレクトに要求したり、交渉したり
相手を訴えたり(クレーム)まだ、怒ったことはないですが
逆にアジア人というだけで、車から罵声を投げられる事もありました。

…でも、良い事もあるんですよ。
色んな国の人と国際交流ができますし、生きた歴史や人生ストーリー
を聞けることは、とても貴重な体験をしていると思いますっ。

妹からも色々な興味深い話を聞いてます。
ベトナム難民の話、ユダヤ人移民者の話、アイルランド移民の話、
中国人移民の話、韓国と日本の負の歴史。。。
改めてこの国が、“人種のるつぼ”だと実感します。

実は、近くまたNYに行くことになりそうなんです。。。
妹の友人の引越しを手伝うのですが、
それが… スゲー治安が悪い所なんです!!!
5分間以内に一件犯罪が起こりそうな所。
なので、車のdoor to door の移動で
外へは気軽に外出なんて出来ません!

その名も…jamaica!(ジャマイカ)

NY州クイーンズもブルックリンもはるかに越えた黒人街。
昼間から麻薬のディーラーがうろついている所。
きゃーー。今から倒れそうです…。

おかしな日本語

妹は、もうアメリカンな人だから、時々私に使う日本語がオカシイ…。

:車の中で妹の買い物が終わるのを待っていて戻ってきた妹が…

『ごっめーん、長引いちゃったの~。』
(長く待たせてごめんと言いたいのだろう…)

:車でもう一つの出口に向かったら、そこが行き止まりだった時…

『あれ?行きづまりだ!』

(なんか糞づまりみたい…)プププ!w

そうやって、時々変な日本語が出てくるのだ…。

Let`s go to the beach!!

今日の午後、部屋でspanish guitarのCDとsalsaのCDをかけて
狂ったように踊った(笑)
面白がった妹も、一緒に踊った。
汗びっしょりになった。
16時からは、近くのビーチに行った。
姪っ子と砂遊びや、石投げをして
遠くでサーフィンやってる子達を見てた…。
かもめさんが、私達のそばで羽を休めていた。
砂浜には、どこかのお家の大型犬の足跡がいくつも続いてた…。
こっちのショッピングモールは、盛んに
“surf boy!surf girl!"“summer of surf!"
などとポスター宣伝をして夏服を安く売っています。
“海男・海女!”“夏真っ盛り!”みたいな感じでしょうか…!?
海沿いの町だから、よく家に船やシーカヤックなどが
横の杭に縄をまいてつないである。
“いつでも、海へGO!”な状態だ。
まだ海水は冷たいし、波も高かったが、私の心は癒された。
『海を見てると落ち着く~』
『なんでだろねぇ?』妹になんとなく聞いてみた。
『私達が大昔、生まれた所だからじゃない!?』
『うん、やっぱそうだよね。』
『“ママのお腹にいた頃聞いた心臓の音にも似てる”っていうしね?』
忘れちゃいけない音だから、この波の音はいつでも
思い出せるようにしたいっ。
目の前に見えるのは、Atlantic ocean!(大西洋)
小樽の海(日本海)とは、やっぱりちがうね…。
ハワイほどじゃないけど、きれいな青。
潮の満ち干きは、月の影響を受けている。
月のリズムは、女性の体に影響を与える。
人間は、実は自然の摂理に動かされている。
自分の体は、自分だけのものじゃない。
地球の一部なんだも~ん!
ヨガでもそう言ってたも~ん!(笑)
だから、自分は大事!そして相手も大事!
私は、野生児なワイルド・ナチュラル・ウーマンだもーん!
ほら、さぁ!髪が潮風になびかれるままに、砂浜を走れー!!!(笑)







piano もしくは keyboard!

ネット接続が出来るようになったので、
妹が、私のストレスを察知したのか、
急ピッチでネット広告のSELL&BUYを検索してくれていた。

それで、今日は、とある目星を付けた電子ピアノを
実際見てみようと、車で一時間の場所まで出向いた。

そこは、街に住んでる90%が学生だ。
ボストンの人口年齢平均が若いのは有名なのだ。

電話でアポイントメントを取ってくれた妹が
ひょっとすると、英語がアジア訛りに聞こえたから
アジア人っぽいという予想は当たった。

私には中国人カップルに見えたが、実際よくわからない。
残念なことに、見せてもらったピアノは値段のわりに
ボロボロだった。使用期間が一年というけれど、
あれはどう見ても、中古を買って、それをまた売るのを
繰り返しているようなピアノだ。
見に行ってよかった。
少し考えさせて…と言って、そこをあとにした。

そこから、少し車で行くと、妹夫婦が結婚してまもない頃
住んでいた街に着いた。

そこは、アジア人がたっくさんいた。
今まで白人ばかりに囲まれていたから、
ちょっと、なぜか興奮した。(笑)

軒を連ねるお店も、どこもアジアン的!

そこで、88フードコートで昼食にした。
客は、アジア人がたくさんいた。

それぞれのメニューの看板には、
韓国料理や台湾料理、広東料理、インド
バリ島、タイ、ベトナムと様々なアジアン料理が載っている。

麺類が食べたかったので、ベトナムのph~oという(←読めない)
ライスヌードルに、香味野菜、豚の腸、もやし、ビーフが
入っているラーメン!?みたいなものを頼んだ。
食べる前に生ライムを搾ってから食べると旨いらしい。
食後に、思わず違うお店でタピオカミルクティーを頼んだ。

そして、隣にある、『88超級市場』に行って買い物した。
ここで、説明を入れたいと思う。

“88”という数字は、中国では縁起の良い数とされているようだ。
“超級”←この漢字を英語で何ていうだろう?
“スーパー”だ!
“市場”は“マーケット”だよね?
はい、スーパーマーケット(アジア版)
中に入ると、アジアの食材がごっそり!しかも安い!
興味深いのは、アジア一まとめだから、
まるで他の国の食材も覗けるから、旅してる気分になる。
いや、旅してるんだけどね…。

そういえば、前にボストン観光している時に、横に止まった
大型観光バスから降りてきたアジア人一行が来た時、
添乗員が持っているグループの旗に、

『裕福人生』って書いてあった…。

そういえば、FENWAYのレッドソックスの
オフィシャルチームストアでは、松坂大輔グッズには、
誤字脱字は、決して見られなかった。
また、あっては大変なことだ。

しかし、うちの近所のドラッグストアでは、
かなりのレッドソックスまがい物が出回っていて、
松坂T-シャツの漢字は、間違いだらけだった。
でも、日本じゃ、こっちの方がひょっとしてウケたりして…!?

日本人から見ると、ツッコミどころが一杯なんだけど、
アメリカに長くいると、全然気づかなくなるみたいだよ。

とにかく、私の目的はまだ叶えられてないから、
また方法を考えようと思う!!

スーツケースには、日本から持ってきた楽譜がまだ
一度も開かれてないっ!

ピアノ探しは続く…


新しい町

…ご無沙汰しておりました。

やっと、慌しい引越しも終わり、ネット接続も可能になりました。

今いる所は、ボストンからかなり離れた海沿いの町
“Marshfield”(マーシュフィールド)っていいます。

前いた所より田舎です。
のどかです。
車がないと、どこにも行けません。

今、唯一の楽しみは、町のショッピングセンター隣にある
『THE WORKOUT CLUB 』というスポーツジムで1ヶ月50ドルだけ
払えば、入会費・年会費はナシで、自分で好きなだけ色々な
レッスンを受けれるというので、日本より断然安いので
YOGAとピラティスを受けているんです。

…これが、ピラティスは思ったよりけっこうツライ。
腹筋が落ちてるのが、よくわかった。。。
体の歪みがあるところは、イタイ。

それと、ケーブルテレビのMTVを見ること。
寝る前に聞く、ラジオステーションで流れるJAZZ。

でも、私の聞きたいR&Bやブラックミュージックは、
ラジオで検索してもかからないの…。

妹に質問してみた。

私:「ねぇ、全然私の聞きたいのがない!ブラックミュージックが
かからない…。なんでだろ?」

妹:「そんなの当たり前でしょ?あんた、この町に来てから何人
黒人みかけた??あぁ??」

私:「あれ?あれれ?そういえば引越してから全然見かけなくなった。」

妹:「そういうことなの。」

地元の町のラジオ局が流す音楽は、はっきりいってダサイ。
エルトン・ジョンや大好きだけどキャロルキングやカーペンターズ
など、往年のヒットナンバーばかり。。。
しかも、アーチストは全部白人。ごくたまーに、スティービー
が流れると、小躍りしたくなるくらい嬉しい!

そして、夜になると、必ずどこかの局で良質なリアルタイムJAZZと
クラシックが流れる。(それが、せめてもの救いだね♪)

こちらでキーボードを確保しようと、引越し前に駆け引きをしていた人
とは、駆け引きし過ぎて他の人に取られ…

あんまり音楽環境よろしくないです…。トホホ。







プロフィール

ふみ

Author:ふみ
歌を歌うのが好き。

次回のライブ:5月13日(水)
札幌ファクトリーアトリウム 入場無料♪♪
19時スタート♪

ギター♪志藤 奨 ボーカル♪中村 芙美 





※2009年8月29日にガンゲット・ダイマでの『“王様”追悼会』の模様が
↓下記のYOUTUBEでご覧になれます♪♪
http://www.youtube.com/watch?v=WTK7O5jJlh8

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索