FC2ブログ

エミリー・ウングワレー展

今日は、国立新美術館に『エミリー・ウングワレー展』を見に行ってきました。

国立新美術館は、乃木坂にあって、初めて行ったのだけど、
建築物としても素晴らしいので、本当に一見の価値はあると思います。
広ーい・大きーい!!

ちょっとアメリカの美術館みたいでした・・・。

今日は、自分が本当にこの美術展を楽しめるのか最初は疑問だったのだけど、
結果は、超面白かったです!!(笑)

誘ってくれた人に感謝・感謝でした。。。

たぶん、一人では見に来なかっただろうなぁ・・・。

エミリー・ウングワレーさんは、オーストラリアのアボリジニ(先住民)の血を引いていて
1910年ごろ生まれ1996年に亡くなるのですが、昔から大切に守ってきた伝統や儀礼
儀式で使われる、例えばボディーペインティングや点画や線画をふまえてたくさんの
作品をキャンパスに残したのですが、何の美術の勉強なども受けていないし、ましてや
西洋美術などに触れてもいないのに素晴らしい作品で、彼女の作品には、見た者に
圧倒的な存在感や伝統、原始的なパワーや自然の豊かさや美しさや大地のリズムを
感じました。

特に、彼女の『大地の創造』という絵があるのですが、
これは是非多くの人達に見てもらいたいと思います。

たぶん、これを見た多くの人の胸の中に何らかの感情で圧倒される事と思います。


その他の絵画からも、さまざまな躍動感・リズム・明るさ・みずみずしい生命力を
感じると思います。

帰りに六本木でお酒をいつもより飲んだのはきっと、彼女のとっても人間らしい姿を見て
自分自身ももっと、開放的な気分にさせてくれたのかもしれません。

何も考えず、ニュートラルに、もっと柔軟に、もっと自由に自分らしく生きる。

明日からも。これからもずっと。

久々に、肩の力が抜けて、超リラックスした日だった・・・。

あー、楽しかった!!

心の底から芸術を堪能してお腹がいっぱいです。(笑)

ものすごく前向きになった夜なのでした~。
スポンサーサイト



横浜国際花火大会

日曜日、会社の同僚が“自由が丘スイーツフォレスト”に連れてってくれた。

でも、“高い”“有名パティシエ”というイメージがあったのだが、
実際は、気軽に誰でも入れる、そんなに敷居が高くなく、庶民的だった。(意外)

次にどこに行こうか・・・と思っていたら、列車内のアナウンスで
・・・本日は横浜国際花火大会の為、臨時便で運行しております・・・
を聞いて、急遽そのまま列車に乗って、また横浜に向かったのである。

後で知るのだが、すごく有名な花火大会らしくて、WEB上の2008花火大会サイトでも
必ず一位か二位に入っていて、毎年約50万人が花火大会を見に繰り出すらしいのだ。

確かに、ものすごい人の波だったのだが、

・・・この花火大会は、超面白かった!!

子供がイマジネーションを働かせて、大人もイマジネーションを働かせて

ボーン!

「・・・めがね!?」
「・・・リボン!?」
「・・・アンリミテッドマーク!?」

クライマックスの花火の連発で本当に綺麗だし残像が素敵で
そこらじゅうの観客達が一丸となって大拍手!!

・・・この連帯感やひとつひとつの花火にみんなきちんとリアクションするし、(笑)
外人も多いせいか、リアクションがオープンでみんなで花火を見て、
そこらじゅうのみんなで分かち合って楽しんだ感覚があった。。。

今まで、バンドとかで毎週金曜の花火大会はボスコとかでライブが多かったので

本当に、普通に花火大会を堪能できて、超楽しかった!!

私自身、子供のようにハシャイで、「わぁー!」「すっごーい!」を連発していた(笑)

横浜という場所は、ロマンチックなムードが漂っていて、
潮風が絶えず吹いていて、少しだけ札幌というか北海道にいるような感覚になった。

最近の花火はかなり進化しているようで、中には「キティちゃん」花火もあって
空に、キティの顔が舞っていました・・・。(笑)

バテ子は今日も東京を眺めてる・・・

梅雨明けした!
でも、今度は、ギラギラしてくるんだってー。

私は、最近、体調不良に悩まされてる・・・。
自律神経失調症みたいだ。

症状は、夏バテにも似てる。。。

ブログにこういうことを書くと、すぐに心配のメールが来ちゃうから
どうか、真に受けないで欲しい・・・。

ただ、私は東京で何かに“闘ってる”し、何か“頑張ってる”し、今日もココに居ます。

この前、仕事で自社ビルの上層階に行った。
いつも、地面から高い所で仕事してるけど、さらに高い所に行った。

しばし・・・窓から東京中を見渡した。。。

東京に来てすぐに、1か月くらいで東京のランドマークと呼ばれるものは
制覇しまくったこと。そして、そんなものはすぐに飽きたこと。

下町に繰り出して、古き良きものを探しに行ったこと。

今は、アンダーグラウンド、サブカルチャーを見つけに行ってること。

でも、自分の気持ちはよくわからないまま・・・

経験値だけは増えてゆく・・・

センチメンタル・オブ・トウキョー。

ノスタルジア・オブ・サッポロ。

いいんだ、これで。

と思ったサンセット。






AB型っぽく語る!

7月に入ってから、着々と猛暑対策に余念がない。

髪の毛もバッサリ切った。
もう、何も考えていない。
ただ、単に首にかく汗で髪の毛ごとベタベタになるのが嫌だったし、
その汗が冷えて、寝冷えするのを避ける為である。
その他、経済効果、掃除効果、朝の身支度の時間短縮など
利点がたくさんある!

美容室の方に、「竹シーツ」が良いと聞けば、もういつでも楽天でネットショッッピング
できる状態にあるっ。

今日、ネットで「あなたのオーラの色を診断します」という特集記事を何気にやってみたら
私のオーラの色は、「ブルー」で、自分も他人からも一歩引いて客観的に考えられるので
冷静だという。デメリットは、近づいた相手にも自分にも、“孤独感”を生み出すらしい。。。

実は、上京前とある札幌のカフェで、占い師さんに私のオーラの色をみてもらった事が
あるのだが、結果は上と全く同じ。

大きく、濃いブルーだとさ。。。

そして、全く表面的にはそう見えない顔をしているねと言われた記憶も。。。

私は、ブルーの服をあまり着ない。
暖色系を好むし、占ってもらう前に、根拠なく真っ赤なオーラだと思っていた・・・。
そう、ちょっとガッカリなのだ。

しかし、近しい人には隠していても、バレてるようで、
一度ライブ終了後、ファンの人に客観的な視点を持ってますよねと言われた事がある。

実は、それは主観的に生きることへの恐怖ともいえるのだが、
良い方に解釈してもらったものである。

ところで、会社でA型の自分書と、B型の自分書というバカ売れの本があるのだが
なんと、ついにAB型の自分書が発売された。

会社の同僚が、私がそれを買ったら、読みたい?と聞いた所、
是非、買ったら貸して!と言われたので、今日買って読んでみた。

カフェで、その本を開いて読んでみると、あまりにも的中している文章が書いてあるので
思わず、カフェの中でニヤニヤしてしまった。(笑)

普通の血液型本とちがって、シチュエーションによる感覚的な言葉の投げ捨てなので
考えるよりもまず心にストンと入ってしまう。。。



「話題があっちこっち飛ぶ。」


うん、そう。。。


「つかみどころがない。つかめないよ、誰にも。」


「言いたいこと」いえないんじゃない。言わないんだ。


千葉って、ニュージャージーじゃないの~??

このタイトル・・・千葉市民の反発をはたして買ってしまうのだろうか??

私は、札幌にいる時、千葉は、東京の隣だから、ニュージャージーみたいなのかな!?
と思い込んでいた。

・・・が、今日、“ららぽーと船橋”と“IKEA船橋店”に行ってきたら、

スゲー人・人・人!(笑)

ニュージャージー州みたいに、土地の使い方が、東京よりデカクとっているなぁ~と
思ったけど、人口密度は、あれじゃ全然東京と何にも変わらない~!!

私は実際ニュージャージー州のショッピングモールに行ったことがあるが、
あそこまで、人ごみでごった返してはいなかったぞ!!

なんとなく、IKEAもアメリカのボストンで行った店舗と作りは全く同じだったにもかかわらず、
雰囲気が、ジャポンで疲れるのだ~。

人と人との距離が近い。せかせか・ごみごみ動く。相手をじろじろ観察する。
動き方は本当に皆同じ。なんなんだろー?あの感じは?
そして、自分もそんな風に行動しているのだろうか!??

ららぽーと船橋店は、本当に広い、いや、バカデカイ。。。
もう半分もまわれば、店を見る気も失せてくるくらいだ・・・。

ららぽーと豊洲よりは、面白いかもしれないが、疲れるかもしれない・・・。

まぁ、千葉といってもいろいろな場所があると思うので、千葉はまだ語れませんが、

自然と、大型店舗の共存というイメージが、今日つきました。
そして、そのどちらもを有効に利用しつつ、東京は格別という意識があるのかしらん??

全く関係ないが、家で飲んでいる牛乳は、千葉県産である(笑)
そして、また家でも、アメリカ・ニュージャージー州の牛乳を思い出し、

千葉は、ニュージャージーじゃないの~??と思ってしまうのだった・・・。

ハマカゼ

先週か・・・横浜に行ってきた。

着いた途端に、潮風を感じた・・・。

すると、目の前をシクロというのか、自転車タクシーが通り過ぎ、
後ろの屋根にかかっている黒い布に“ハマカゼ”と白い字で書いてあった。

札幌でいうと、『小樽に来ちゃった。』という感じだろうか。

全国でデートで行ってみたい都市は、1位札幌2位横浜3位は沖縄だそうである。。。

札幌と横浜はもう行ったので、今度は沖縄に行ってみたいな(笑)

目的は、「Saigenji(サイゲンジ)」さんのライブに行ってきたのだが、
サイゲンジさんの音楽って、とっても「自然」を感じさせる曲が多いから、
海の曲もすごく多いし・・・まさに横浜にピッタリだった!

歌い始めると、開演まで待っていた会場が実際の空間よりもどんどん・どんどん
広がっていき、奥行きを見せてくる・・・。
サイゲンジさんの持つ『自由』さや『自然さ』という色のハケで一斉に
空間のイロを塗り替えられていくような感じ・・・。スゴイっ!

余談だが、本当にサイゲンジさんの自由さが伺えるエピソードを・・・。
2ステの最初の方を見ていたのだが、ステージに彼が現れ中央のマイクの前に立った途端、
「こんばんわー、サイゲンジでーす!」と挨拶をしてすぐに、「すいませーん、忘れ物しましたー、
取りにいってきまーすっ!!」と大声で言い、会場は爆笑・・・。
近くの席の人が、何かコソコソしゃべっている・・・
“何忘れたのかね~??あ、戻ってきた、あ、歌詞カードっぽいっ
あ、今日やる新曲の!??(笑)”
それと、ライブの最後の方で、“新しくリリースしたCDを買ってくれた人には、ガッツリサインも
しますからねーっ!!”とMCで叫んでいたのだが、どうやらそのセリフはアドリブだったらしく、
完全入替え制のステージで、次の2ステのお客さんの入りが遅れていた。
そして、そこのお店の店員達は、慌てふためいていた(笑)

私は、そんなサイゲンジさんの行動も好きだ。(笑)
自分も気持ちがよーくわかるっっ(苦笑)

ライブの最後に、私がサイゲンジさんの曲で一番聴きたいな~と思っていた曲を
やってくれたので、全身にアドレナリンが走った!!というか、そんな気がした(笑)

『Music Junkie』

~君達の音のおかげで、僕は生きて行ける~

本当に、私も先代達の素晴らしい音楽を味わえて幸せだ!!と思う時があって、
心の励みになる瞬間があるので、歌詞に自然と感情移入してしまうよ・・・。

自分の魂をもっと自分の言葉に乗せて、歌に託したいっ!と思った夜だったのでした~。
プロフィール

ふみ

Author:ふみ
歌を歌うのが好き。

次回のライブ:5月13日(水)
札幌ファクトリーアトリウム 入場無料♪♪
19時スタート♪

ギター♪志藤 奨 ボーカル♪中村 芙美 





※2009年8月29日にガンゲット・ダイマでの『“王様”追悼会』の模様が
↓下記のYOUTUBEでご覧になれます♪♪
http://www.youtube.com/watch?v=WTK7O5jJlh8

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索