FC2ブログ

第2回 札幌 下町のパリ祭 開催について

いつもライブでお世話になっている『ガンゲット・ダイマ』さんから
こんなイベントを紹介されました。

私がいなかった去年から始まったイベントで、大盛況のうちに幕を閉じたので
今年もまた開催するそうです。

私も飛び入りで、参加します!

第2回 札幌 下町のパリ祭

ワイン飲み放題って、すごいですね・・・。

“お祭り”って、私にピッタリでしょう!?

ぜひ、皆さんも興味がありましたら、札幌のそして下町の・・・『パリ祭』に
足を運んではいかが・・・!?




スポンサーサイト



夜と朝のあいだに・・・

頭冴子になってるので、ブログしよっと。。。

すすきのへ久々に繰り出した。

久々に繁華街のムードに浮足立つ私。

甘いお酒は、後からひどく酔って悪酔いするからね。

でも、辛いお酒は好きじゃないし。

朝帰りとかしても、東京と風景がちがうよな。。。

東京だったら、人いっぱいだから大した事じゃない気になる。
いつものように電車がガンガン走る音が聞こえて、
駅内アナウンスとかね。
周りに人の気配は、いっぱいしてるんだよね。
トラックとか、コンビニとか朝営業の為の仕出し屋さんとか見かけちゃって

札幌だったら、豊平川の流れる音が橋の上からじゃんじゃん聞こえてくるわ、
鳥たちがピーチク鳴ってるわ、カラスいるわ、自然のサイレンがすごい聴こえてくる…。

車がほとんど通ってないから、信号機がヒマそうに動いてて・・・
なんか自分が世間様から離れてすごい事してる気にさせられる

が、しかし、もう少しで顔を出す日の出が拝めて、また自然を尊ぶ気持ちになって
ある意味、すがすがしく気持ちの良い気にもさせられる。

札幌の朝は美しい・・・!!

ただ、夜と朝の間に人は、少し野性味を帯びたり、素直になったり
本音をこぼしたり、非日常になってみたりして、意外と何か悟ったりします。
人間くさくなります。

そんな生活は、酔いどれ詩人といわれた“トム・ウェイツ”が誕生するのかもしれません。
あのしわがれているのに、どこか魅力的な声が出来上がるのかも。。。

21歳のとき、グレープフルーツムーンが上手く歌えなかったのは
私が、純粋で真面目すぎたからだろうか???


今日の心のBGM・・・トム・ウェイツ「グレープフルーツ・ムーン」









tea for five

女5人でお茶しました。

ガールズトークもたまにはいいね。

ピアニストのりちゃんは、料理の腕もすごくて

たくさんの御馳走とたくさんのお菓子を食べさせて頂きました。

有難や~

ついつい私もオーバーヒートで喋りすぎました。

女5人もいれば最強かもしれません。

SATC超えました・・・。



LET'S TALK!~@国際プラザ

今日は、初めて無料で英会話を楽しむ会(!?)に参加するべく
時計台ホールの真向かえにある国際プラザに行ってきました。

丸テーブルが5つくらいですかね、あって、5つのグループに分かれ
そこに老若男女いろんな人達が来ていました。
あるテーマをトピックに順番に自分の事を話すというもので。。。
1時間弱で終了しました。

いろいろな人の話が聞けて、楽しかったです。

私は、まだ言いたいことも思うように話せず、
相手の話も思うように理解できない時があり悔しいですね。
やはり、ここにきている皆さんはしっかり英会話教室なり学校なりで
普段から英語を勉強されているようです。

Someday I want to sing like talking in English.


絵画と写真の交差~芸術の森美術館

今日は前から観たかった展示が今日が最終日だと知って、
突然車に乗って「芸術の森美術館」に行ってきました。

印象派誕生と写真の関係性についての考察が気になっていたからです。

面白かったです!

やはり写真誕生や写真の技術向上という歴史的な背景と
絵画はお互い何らかの影響を受けたのだなと思いました。

構図や人体のフォルムや風景の中の大気の移ろいや海の波しぶき・・・

それでも、絵画が死ななかったのは、画家の脳と網膜で感じるままに
描かれるそれとは、いくら写真の技術が向上しても全く異種のものであり、
独自の個性により素晴らしいものであると感じさせるからだろう。

・・・それにしても、モネの「睡蓮」ってなんかいい・・・

眺めてると、心が落ち着くなぁ・・・。

ところで、展示の後半に、歌川広重さんの浮世絵が登場する。

ジャポニスムというのが、昔、フランスの画家達の間でブームになったらしい。

大胆な色使い・大胆な構図(目の前の近くのものは大げさなほど縁いっぱいに大きく描き、
遠い所などは細かく描かれる)がなぜか人々の心をわしずかみにさせる・・・とか。

日本人、やっぱすごいね。独自の文化度高いね!

私は、学校とか本とかで、なんとなく見慣れてしまってる感があるなぁ。
フランス生まれだったら、あれは超衝撃的なんだろうな。

他にドラクロワさんとかドガさんの絵があったよ。
歴史年表ではフェルメールも登場してたなぁ。

モネのポストカードが欲しかったけど、最終日で売れ切れてました・・・。(ガクッ)


aaliyahについて

またaaliyahの曲を聴くようになった。
巡りめぐって、聴くようになるCDってあるじゃないですか。
例えば、キャロルキングのように・・・。そう、そんなアーチストです。

思えば、私が16歳の時に友達の家に遊びに行って、「なんか、コレいいねぇ。」(私)
「あっ、そう?んじゃ、あげるよ。」(友達)と言われ、もらってしまったのが発端なんだよね。

15歳の女の子で、しかもR&B当時の大物プロデューサー“R・Kelly”に見出され
『Age ain't nothing but a number』(歳なんて、ただの数字に過ぎないのよ。)
でデビューするや、全米大ヒットを飛ばして一躍スーパースターになったのです。
それから2・3枚アルバムを出すんだけど、突然飛行機事故で亡くなってしまったので
もう彼女の歌声は過去のCDでしか聴けません。

あの宇多田ヒカルさんにも多大な影響を与えたとか!?

とにかく、歌がいいんですよね。
好きなポイント① 声を発するだけで、かなりSEXYでCOOLだ!女性らしさ全開。
その② 声を抜く所と張る所の使い分けが絶妙。意識してるとしか思えないが自然だ。
その③ リズムに声を乗せてグルーヴする手法が絶妙。
(一定のリズムに対して、崩しながらも新たな声のリズムを作り出してしまう!)

以上の3点がスゴすぎて、今まで何度もコピーしようと思っても、うまくいきません。

その歌声は、粘る黒人歌手ともちがう。かといってただのアイドルでもなく
楽器のように声を奏でるミュージシャンともちがう。

aaliyah(アリーヤ)はaaliyahなんだ。と、思わせられるからまたスゴイ。

彼女がデビューしたての頃、昔札幌で、現在のパルコ新館の最上階にあった“PALS21”という
CD屋さんに来てたんです、インストアライブで・・・。
でも、行かなかったんですよね。それがちょっと後悔かな。
そのあと、会えなくなるなら・・・


今日のBGM・・・aaliyah 「At your best」「miss you」





あらら

ここへきて、自分のピアノの弱点が出てきてしまった。

小さな壁!?試練!?そういうのにぶち当たった時、普段オロオロして
誰かに救いを求めるのが私の常だったのだが、、、

弟にぶつけてみると、“問題が生まれたら、自分で考えて解決してそれでもわからなかったら
専門家に頼めば?フツーそうでしょ!”とたしなめられ、
いかに、今までそんな風に生きてこなかったかを痛感させられてしまったっ

私にとって、ピアノを弾くことは、時々煩わしいのですが・・・
それが出来た時のその先に私のやりたいこと・好きなことがやれていることに
なるという図式がもう見えるので、逃げたいのに逃げれません。

結局いろんな方向からいろんな要素が要求されるもんですね。

それにしても、東京生活での経験が、かなり自分ネタ貯蔵庫に保管してあるっぽくて
かなりいつかきっちり放出したい!!
意気込みはあるんだけど・・・

1年半のブランクを経てまたふりだしに戻る・・・音楽はそんな状況だと思う。
ただ、1年半の東京生活はどうしてもやっぱりあって良かった!!

今日の心のBGM・・・Sting フラジャイル

最近の私

毎日、ピアノを弾いてる・・・
めずらしいー!

毎日歌を歌っている・・・
おっ!この生活、久しぶりー!

毎日スタジオで曲作りやカバー。
おっ!どーした。

まず、時間が山ほどある。
ボーっとしてると、家族に音楽すれ。と言われる。なぜか。
家に居てほしくないのかな・・・

こんな生活どうなんだろう??
と、思ったが、意外。。。
やっぱり好きなことやっているせいか、
楽しくてしょうがない。幸せな気持ちになる。

気づけば3時間は軽く超える。
映画の2時間も、もたいないのに・・・

ただ・・・一人の世界なんだよね。結局一人ぼっち。
じゃあ、淋しいか?と問われたら全くNo!だね。
楽しくてしょうがない・・・(バカか?)

一人で全部出来たら最高なんだけど
一歩間違ったら、自閉症になりそう・・・
(いや、きっと、ならないなぁ・・・)

ライブは、他人(お客)と関わるから
一人で演奏してても全く心情がちがうのだけど

家に帰ってきてからも、YOUTUBEやDVDでミュージシャンを検索して
いろいろ確認している。
どのようにやっているか?とか雰囲気を。(リズムや音程を雰囲気と括る私)
そして、がく然とする・・・。みんなスゴイことやっているなぁ・・・ってね。

そして、どちらかというとスタジオ録音ではなくてライブ録音を観る?聴く?
ミュージシャンの立ち振る舞いを見たり、アレンジの方もそっちの方が
断然カッコイイので、そこから、ヒントというか、
何か盗めないかな?と思っている。
ピアノ弾いてる姿も見えるしね。

札幌に慣れた

この前、ヒマだから散歩してて

札幌ファクトリーの雑貨屋で

Care bear(ケアベア)のグッズがいっぱい売ってて・・・
若い女の子が“可愛い”ってむらがってた・・・

(マジかよ!?アメリカでは3歳の姪っ子の好きなキャラクターで、ありゃ6歳で卒業だぞ?)
なーんて思ったけど、ま、いっかーと思った。

おしゃれでスタイリッシュな外国の台所用品を売るコーナーで
“OXO”の(←オクソー)サーモマグが売っていた。
(このブランドのウリは、つかみやすい・滑りにくいだ。)

(あれ!?この前アメリカで買ってきた奴じゃんか~札幌にもあったんだ。な~んだ。)
…と、サーモマグの裏面を見てビックリ!!
値段が2580円になっていた。。。
(げっ!?マジかよ。同じのを9ドルでチェーン薬局で買ったぞ)

東京では、ランニングすることもなんか流行りになりつつある。
東京マラソンなども脚光を浴びてる。
…とすると札幌でもそういう動きになるのかなぁ…?なーんて思う。

しかし、今私は札幌生活を謳歌している。。。

ジンギスカンもよくするし、
(だって、東京ではジンギスカン用のラム肉やタレ購入に苦労したから・・・)

札幌はスイーツの宝庫だし!

「札幌学」という文庫本を買って読んでいますが
本当に札幌をよく知れるイイ本です!







最近嬉しかったこと。

最近、昔日記を書いていた『mixi(ミクシー)ソーシャルネットワークコミュニティ』サイトにて

お友達の方が、『fumi’s☆cafe』という私のファンコミュニティを設立してくれた事です!

音楽に対してモチベーションが上がりましたし、

何より聴いてくれる人達がいて、私が在るようにも思えました。

自分のやりたいことの具現化をやり続けること
たとえ音楽的な力が絶対的に不足していたとしても
必要ならば誰かの力を借りてでも形にしていくことが
私の喜びになるし、また聴いてくれる人達も楽しんでくれれば
最高この上ない状態だ!

あまりにも純粋すぎる理想論とそれが現実とうてい難しい事もわかってる。

そして、今日の夜、月寒のマスターと久しぶりに音楽談義しちゃったのが影響してる!

いや~久々に熱く語りまくっちゃった!!

気づけば深夜2時すぎ

ジャズピアニストのりちゃんのライブを観にいったら・・・不思議!
まさかこんな夜になるとは…。





最近ハマっている歌手…ランディ・クロフォード 『Street Life』 『Feeling good』
       

昨日はありがとうございました!!

昨日は、1部と2部に分けてライブをしたのですが、

久々にライブ前に緊張しました。

お客さんは、知った顔ばかりだったのにね・・・(笑)

1部は、胸がいっぱいで最初の方は自分でも
声がうわづってるのを感じました。

2部は思いっきり自由に歌えました。
歌っていて楽しかったですが構成を間違えたりして
ミスもありましたね、、、。

それよりも・・・毎度の如く

ライブ終了後の座談会はなぜかすごく盛り上がるんですよね。

みんな言いたい放題になっていきます。。。
なんとなく恒例になりつつある(?)
わたしの在り方(音楽活動や人生?について)

ぐうだら主婦さんに言わせると、、、

「なんか言いたくなっちゃう。。。」
「そうさせる何かを持っている。。。」

そう言われてみると、原因は自分かな??
葛藤多きロンリーハートの持ち主だからね~


ライブが近いぞう~

あさっては、ライブだー。

今回は1部と2部に分けて

1部は、私のピアノの弾き語りで

2部は、昔一緒にやっていたのりちゃんのピアノに合わせて歌います♪

練習の感じだと。。。

ここ最近では久々の“歌いまくり”の夜になりそうです♪♪

体力もつかな・・・?がんばろう!

今までがINPUTの生活だったからかOUTPUTしまくりになってます。

いろんな歌が聴けると思うので、お楽しみに~

楽しいGWを~!!



プロフィール

ふみ

Author:ふみ
歌を歌うのが好き。

次回のライブ:5月13日(水)
札幌ファクトリーアトリウム 入場無料♪♪
19時スタート♪

ギター♪志藤 奨 ボーカル♪中村 芙美 





※2009年8月29日にガンゲット・ダイマでの『“王様”追悼会』の模様が
↓下記のYOUTUBEでご覧になれます♪♪
http://www.youtube.com/watch?v=WTK7O5jJlh8

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索