スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つづき…その2。

やはり、せっかく来たからということで
青森県の十和田湖に寄ることにしました!
その途中に、奥入瀬渓流ホテルという所を見つけ
どこか温泉に入りたかった私たちは、
勘で、良いだろう!とここに決めました!
それは、どうやら当たっていたようです♪

ホテルの中には、岡本太郎作のオブジェがあり
(岡本太郎さん、好きです☆)
木目調の素敵なカフェで珈琲を出していましたし、
なんといっても、ホテルのドアマンからフロントマンにいたるまで
接客が最高に丁寧で心がこもっていました。

露天風呂から日本名勝の一つ、奥入瀬渓流を
眺めながらの入浴は格別でした!
少し紅葉も始まっていたんですよね。

日帰り入浴でしたが、かなり満足!

十和田湖に向かおうと、ホテルを出たら
空に虹がかかっていました☆

十和田湖は、昔、中学校の修学旅行で来た
ことのある場所です。

乙女の像というのがあって、写真を撮っていた記憶があります。
この日も、おばさんやおじさんの観光客でにぎわっていました。

十和田湖は2度目ですが、なぜか、洞爺湖の方が好きでした。
なんでかな?なんとなくです…。

青森県から出る時には、あたりは日が落ちて暗くなってきていました。

不思議なことに、日が落ちると、妙に山道が“うら寂しく”なるのです…。
きっと北海道なら、そんなに寂しくならないと思うのです。
道案内のライトが煌々としていますから。でも、ここは、絵本に出てくるような
日本の原風景を残した田舎の感じが残っています。
そんなに夜を照らす電光が設置されていません…。
村(ムラ)社会という感じを受けます。
北海道は開拓されて、まだ日が浅く、歴史の深さが違うんだ…と
思いました。

“本州と北海道って、やっぱり何かが違う_。”

有名な『遠野物語』というのがありますよね、
日本の昔話の奇怪な逸話。
その内容のほとんどが東北で生まれている。
そして、イタコさんは青森にいるとか!?
(すいません…無知で)(^^;)

ここに降り立つと、なんとなくそんな土壌の気質・歴史が
伝わってくるような気すらします…。

岩手・青森は、少し地味で控えめだけど
芯が強くて、我慢強くて、奥深く
古き良き日本の田舎の原風景が残っている場所。
そんな感じです。どこかヘビーなものを抱えてるというか
重さも感じますね。でも、根性がありそうで…うん。

私たちは、ここから、仙台まで高速、東北道をひたすら走りました!

それがそれが、、わかってはいたものの…長い。。。
地図では小さな岩手県も、実際走り抜けようとしたときの
長いのといったら。。。

岩手県!縦に長いぞ!君は!(笑)

『いま、どこ~?』『まだ岩手。』
『いま、どこ~?』『岩手。』
『まだ、岩手~?』って、感じです(笑)

でも、逆に、岩手おもしろいトコなんじゃないか~?
とも思ったものです!

なんか、ありそう~な予感☆

ま、それはいいとして、私の横の彼の顔は
だんだん疲労感で真っ青になってました…。(^^;)
栄養ドリンクを途中で補給してもなお、
仙台を遠く感じました…。
4時間以上高速を走らせるのは
神経も疲れますよね、特に慣れない道だと。

今日の夜は、仙台に住む、私の親戚の家に泊まる
ことになっていたのですが、電池が切れる寸前の
私のi-phone(アイフォン)が役に立ちました。少しだけね(笑)
グーグルマップで、方向を指示!

なんと、夜11時に着いたのです!宮城県に。

みんな、覚えておいて!

『東北道、岩手を甘く見るな!!デス…(笑)』

おやすみなさ~い☆










スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふみ

Author:ふみ
歌を歌うのが好き。

次回のライブ:5月13日(水)
札幌ファクトリーアトリウム 入場無料♪♪
19時スタート♪

ギター♪志藤 奨 ボーカル♪中村 芙美 





※2009年8月29日にガンゲット・ダイマでの『“王様”追悼会』の模様が
↓下記のYOUTUBEでご覧になれます♪♪
http://www.youtube.com/watch?v=WTK7O5jJlh8

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。